FC2ブログ

粉飾時のカネボウ監査法人をJICPAが調査

 28日付け日本経済新聞朝刊13面に「会計士協、中央青山を調査――カネボウの粉飾見逃しで」の記事。
 記事は、日本公認会計士協会が、カネボウの巨額粉飾決算を見逃したとして、監査を請け負っていた中央青山監査法人の責任を本格調査する方針を固めたと報じる。粉飾額が2150億円と過去最大規模に上ったことから、会計士協では綱紀委員会で監査を徹底的に洗い直す必要があると判断し、ルール違反がなかったかどうか1年程度で結論を出すとのこと。カネボウの経営浄化調査委員会などの調べによると、カネボウの旧経営陣による粉飾決算は1990年代から続いていたことが判明しており、連結対象外の毛布メーカーに不良在庫を飛ばすなど不透明な取引が続いていて、こうした取引や経営陣の粉飾指導について、担当会計士がどこまで把握していたのかが焦点のひとつとなる見込みと記事は伝える。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
参考リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる