大阪市の包括外部監査は委託料

 産経関西が2月9日に掲出した「委託料の4割 5年変わらず 21年度分、大阪市包括外部監査で指摘」は、大阪市が8日、平成21年度の委託料について包括外部監査の結果を公表し、金額ベースで委託料全体の約4割が5年間、同一内容、同一相手先の委託契約と判明しており、市包括外部監査人は「多い状況」として、競争性を高める契約方法の見直しなどを指摘していると報じる。

公表資料:平成22年度大阪市包括外部監査の結果報告について

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる