準大手監査法人が世界9位の国際会計事務所と提携

 日経電子版が1月28日に掲出した「優成監査法人がCHIと提携 国際会計基準にらむ」は、優成監査法人が世界9位の国際会計事務所、クロウ・ホーワス・インターナショナル(CHI、本部ニューヨーク)と業務提携したと報じるもので、記事によると、CHIの海外拠点ネットワークを活用して国内顧客企業の海外進出を支援する狙いであり、また日本での国際会計基準(IFRS)の強制適用をにらみ、監査やコンサル、品質管理ノウハウなどを提供してもらうとか。CHIは米国や欧州など100カ国に150の拠点を持ち、アジア地域では売上高が第5位で、優成の顧客企業が海外展開する際に、CHIのネットワークを使い国際的な監査業務ができるようになるとのこと。IFRSに対応できる会計士も増やすとか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる