公認会計士試験合格者が3年連続で減少

 日経電子版が11月15日に掲出した「会計士合格者、10年8.4%減 3年連続マイナス」は、金融庁の公認会計士・監査審査会が15日、2010年の公認会計士試験の最終合格者が前年比8.4%減の2041人だったと発表したと報じる。合格率も8.0%と2.5ポイント低下しているとか。合格者の減少は3年連続とのこと。最年少の合格者は16歳で記録を更新しており、最年長は61歳で、合格者の平均年齢は26.3歳との由。女性の合格者は362人で、全体の17.7%を占めているとか。公認会計士は大口就職先の監査法人が業績悪化などで採用を絞っており、試験に合格しても就職できない例が増えていて、金融庁は当面の合格者を年2千人程度に抑える方針と記事は伝えるが会計大学院についての言及はない。

公表資料:平成22年公認会計士試験の合格発表について

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる