FC2ブログ

ソフト会社の開発用ソフトは資産ではないとの見方

 5月24日付け日本経済新聞朝刊18面に「オックス情報、開発用ソフト「資産ではない」――今期、一転最終赤字に」の記事。
 記事は、倒産リスク算出ソフトのオックス情報の2005年9月期連結最終損益が2億6千万円前後の赤字(前期は2億5100万円の黒字)となる見通しになったことを伝え、従来予想の3億3千万円の黒字から変更する原因は、監査法人が研究開発に使うソフトなどを資産でなく費用とみなし、従来のように3―5年間で定率償却できない見通しとなったため5億円強を一括償却するためだと報じる。ソフト開発会社にとって生産設備に当たる製品開発・改良用ソフトを「資産」と見なさない今回の会計方針が広がれば、新興市場に上場するソフト開発会社を中心に業績修正を迫られる例が相次ぐ可能性もあると記事は評する。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ソフトウェアっていかに? その2

先日、以下のような記事が。オックス情報、開発用ソフト「資産ではない」――今期、一転最終赤字に。(2005/05/24)会計方針変更で特損 倒産リスク算出ソフトのオックス情報の二〇〇五年九月期連結最終損益は二億六千万円前後の赤字(前期は二億五千百万円の黒字)となる見通し

コメントの投稿

非公開コメント

TBさせていただきました。

私のエントリーに関連しておりましたので、TBさせていただきました。度重なるTBで申し訳ございません。このブログ、監査に関する情報がエントリーされており、大変参考になります。
ブログ内検索
カテゴリー
参考リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる