FC2ブログ

EUの公聴会に参加

 日経は16日に「金融庁など、EUの会計公聴会に参加――会計基準めぐり反論も」を配信。
 記事は、金融庁が16日、欧州連合(EU)の会計関係当局が18日にパリで開く公聴会に公認会計士協会などと共同で参加すると発表したと報じる。EUは4月末、日本の会計基準について国際基準と比べて情報開示が少ないなどの改善点を指摘しているが、日本側は「(要求は)実務負担を無視している」などと反発しており、公聴会で配慮を求めるとのこと。金融庁などはEUの指摘について(1)細かな会計技術にこだわりすぎている(2)実務的なコストを考慮しておらず、日本企業のEU離れを招く――などの反論を用意し、公聴会を通じて日本側の主張を訴えるとしていると記事は伝える。EUは先月、2007年以降も日本やカナダの会計基準を使った域内での資金調達などを認めるための条件について報告書を発表し、企業合併や海外子会社がからむ会計処理で補完的な情報開示などを要望しており、今回の公聴会はEUの報告後に各国が意見を述べる初の機会で、日本からは企業会計基準委員会、日本経団連も参加するとの由。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
参考リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる