補助金精算手続の遅延

 毎日が4月7日に掲出した「<厚労省>余剰の補助金、返納手続き怠る…会計検査院が指摘」〔桐野耕一〕は、会計検査院が7日、厚生労働省が18~19年度に公益法人の事業に概算払いで交付した補助金を巡り、事業終了後に余ったと報告を受けた計約2億円を国庫に返納させる手続きを怠っていたとして、同省に改善と国庫への返納を求めたと報じる。会計検査院によると、厚労省は事業終了後に各法人から報告書が提出されたのに、昨年10月の調査時点で18法人47件で報告書の内容を確認せず、事業額を確定させていなかったとか。このうち、同省健康局と医政局が所管する5法人11件は、計約2億円の余剰額が報告されたが、返納手続きが取られず法人に補助金が滞留していたとの由。事業後2年半たっているケースもあったとか。他省庁には同様の問題はなかったとのこと。同省健康局は「事務に追われ、手が回らなかった。今月から非常勤職員を雇い、補助金業務の担当者を増やした」とし、医政局は「指摘を重く受け止め、改善に努めたい」としていると記事は伝える。

公表資料:概算払により交付した補助金等の国庫返納等について

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる