公認会計士が就職難

 J-CASTニュースが3月1日に掲出した「公認会計士の深刻就職難 合格者700人あぶれる」は、国家試験合格者の急増と、監査法人や企業の採用抑制のために公認会計士が就職難に陥っていると報じる。公認会計士になるには、試験合格後も一定の研修を受ける必要があるほか、2年間の実務経験が課せられていて、合格者は監査法人や公認会計士事務所か、一定規模の企業の経理担当者として勤める必要があり、超難関といわれる国家試験を突破しても、正式な資格が得られないという事態に直面していると記事は伝える。2009年度の合格者数は2229人だが、日本公認会計士協会によると、2010年1月末時点で就職先がない合格者は700人弱いるとか。毎年秋に国家試験が行われて大手監査法人の定期採用が12~1月にあるが、09年度の定期採用は終わったばかりで、トーマツは前年に比べて171人減の383人を採用し、新日本監査法人が226人で、「09年より減っていますし、例年と比べても多いほうではありません」と話しているとのこと。一方、公認会計士試験の合格者数は、06年に試験制度が簡略化されたことで1000人台から3000~4000人に増えており、景気がよければ、監査法人や一般企業の経理部門で吸収できるが、リーマン・ショックの後遺症で、どの企業も採用は縮小していて、ふつうの学生でも就職するのが難しい時代に、「経理部門に限定して、優先して採用してくれる企業などほとんどない」(日本公認会計士協会)のが実情とか。「とにかく、この2、3年で合格者が急増したことが(就職難の)原因。会計士の仕事は経験を積むことが大事なのでなんとかしたいが、なかなかむずかしい」と話しているとの由。深刻な事態に、日本公認会計士協会は09年からホームページに「求人情報」を掲載しており、準大手や中小の監査法人や会計士事務所、一般企業の経理部門から寄せられる情報なので、採用人数も1~5人程度と多くはないが、一人でも多く就職できるよう支援しているとのこと。また、監査法人や企業に参加を呼びかけ、就職説明会を開催し、国家試験の合格者に情報提供を行うなどの対策を講じており、公認会計士協会近畿会はすでに、1月に就職説明会を実施しているとのこと。さらに間接的な支援として、合格者が受ける研修にかかる学費の無利子融資や、実務経験を補うための特別講習会の開催などに取り組み始めたところで、公認会計士を所管する金融庁は、すでに2010年度の合格者数を2000人程度に抑えることを表明しており、増員方針から舵を切るとか。同時に、6月にも新たな公認会計士制度のあり方について、考え方をまとめる方向と記事は伝える。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる