中小企業のために簡素化した会計基準

 日経ネットが1月19日に掲出した「中小向けの会計基準策定へ 関係者が協議、簡素化し負担軽く」は、企業会計基準委員会(ASBJ)、日本経団連、日本商工会議所などが非上場企業の会計基準作成に乗り出すと報じる。月内にも実務担当者を集め、中堅中小企業に適した会計基準の内容を協議する準備会合を設けると記事は伝える。上場企業の連結決算には2015年にも国際会計基準(IFRS)が強制適用される見込みであり、中小企業の負担が増すとの懸念に配慮し、簡素化した会計基準を作る方向で検討するとのこと。準備会合はASBJ、経団連、商工会議所、日本公認会計士協会、日本税理士会連合会のほか、法務省、金融庁、経済産業省、中小企業庁なども参加しており、約250万社の中堅中小企業に適した基準の内容、区分を協議するとのこと。現行の「中小企業会計指針」や税制との関係も整理する方針とか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる