茨城県の定期監査結果で「預け」

 MSN産経ニュースが10月6日に掲出した「出先機関で不正経理3千万円 茨城県監査委員が調査」は、茨城県監査委員が、県の32の出先機関で平成18~19年度に約3142万円の不正経理があったとする調査結果を明らかにしたと報じる。監査委員事務局は「私的流用は確認されていない」としており、各出先機関に今後の適切な予算執行を求めたと記事は伝える。監査委員によると、不正経理の手口は、物品を購入したように装って業者に公金をプールする「預け」や、契約したものと違う物品を納入させる「差し替え」など。

公表資料:茨城県監査委員公告第4号

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる