J-sox初年度の監査

 ITproは10月6日に「最も多かった「不備」はIT統制関連,監査役協会がJ-SOX初年度の状況を調査」〔田中 淳=ITpro〕を掲出。
 記事は、日本監査役協会がJ-SOX(日本版SOX法)適用初年度に関する調査結果を公表したところによると、重要な欠陥にならなかった「不備」で最も多かったのはIT統制関連,内部統制報告書の作成期間は決算日から平均67日と報じる。3月,4月,5月決算の上場している会員会社を対象に,インターネットを利用して2009年8月17日から9月4日にかけて調査もので、1159社から回答を得たとのこと。J-SOX適用初年度の経営者評価が「重要な欠陥があり,内部統制が有効でない」となった18社を除く企業に対し,重要な欠陥に至らなかった「不備」の内容を尋ねたところ,最も多かったのは「IT統制など」で35.9%。「日常の経理手続など」(33.5%),「決算手続など」(26.5%)がこれに続いているとか。回答企業はIT統制における不備の例として,「ウイルス対策ソフトの装備について,一部の会社所有パソコンがチェック対象から漏れていた」「インタフェース・アプリケーションのアクセス制限がなされていない」などを挙げたとのこと。重要な欠陥に至らなかった不備のうち,40.9%は「決算・財務報告」プロセス,38.9%は「決算・財務報告以外の重要な」プロセスに含まれていた。重要な欠陥に至らなかった理由としては,「金額的重要性が低い」(38.9%)と「補完統制があるため,虚偽表示の発生可能性や金額的影響が低い」(37.8%)が多かったとか。一方,「重要な欠陥があり,内部統制が有効でない」となった18社を対象に重要な欠陥の内容を尋ねたところ,「決算手続など」が55.6%と過半数を占めており、以下、「人員の能力など」(38.9%)が続いているが、「IT統制など」を挙げた企業はなかったとか。各社は内部統制報告書の作成にどれだけの時間をかけたかを調査してところ、内部統制報告書のドラフト作成に決算日から平均48日,実質的な作成に同平均67日を費やしていたとか。監査役会が内部統制報告書のドラフトを入手した時期は「監査役会監査報告の作成時まで」が29.6%と最も多かった。「株主総会の開催日まで」が14.7%あったほか,3.1%は「ドラフトは作成されなかった」と答えたとか。監査役会が内部統制報告書を入手した時期は「株主総会の開催日まで」が39.1%と最も多かったとのこと。株主総会では,経営者または監査役がJ-SOXについて口頭で説明も報告もしなかった企業が63.4%で、株主総会で,株主からJ-SOXについて質問が出たのも1.6%だったとか。多くの企業では,J-SOXについて説明も質問もなかったことになる。今年4月から始まった2009年度における監査報酬は,「2400万円以上3200万円未満」が21.3%で最も多いとか。監査報酬は会社法監査報酬と,内部統制監査および四半期レビューを含む金融証券取引法監査報酬を合わせた金額で、前年度と比べると「減少」が42.5%,「同額」が31.7%だったとのこと。監査時間(会社法監査時間と金融証券取引法監査時間の合計)は「1600時間以上2400時間未満」(26.8%)が最も多く、前年度と比べ,「減少」すると見ている企業は56.8%。内部統制監査の監査時間については,23.8%が「前年比20%以上減少」と回答したとか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる