監査報酬が3割増加

 日経が8月12日に掲出した「企業の監査費用急増、09年3月期 「内部統制」義務化で」は、企業の監査費用が急増しており、2009年3月期に主要上場企業297社が支払った監査報酬は前の期に比べ32%増えていると報じる。09年3月期から上場企業に「内部統制報告制度」が適用されたためで、四半期決算制度が始まったことも費用を押し上げたとか。内部統制は企業の透明性を高めるために必要なコストとはいえ、業績低迷に苦しむ企業の収益圧迫要因となっていると記事は伝える。3月期決算企業のうち09年3月末時点の株式時価総額上位300社の有価証券報告書を調べて、前の期と比較可能な297社の過去2期分を集計したもので、支払った監査報酬の合計は867億円で、1社あたりの平均は約3億円となっていて、前の期より支払いが増加した企業は全体の94%にあたる279社に達したとか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる