JA全中の監査が提訴された

 農協組織の監査は全中が行っているが、MSN産経ニュースは4月10日に「「監査適正に行わず」JA全中を提訴」を掲出。
 記事は、平成17年に福井県大野市のテラル越前農業協同組合(JAテラル越前)で発覚した約22億円の不正融資事件にからみ、監査を適切に行わず不正融資額を膨らませたとして、組合員4人が10日、全国農業協同組合中央会(JA全中)に対し、7億9400万円の損害賠償を求める組合員代表訴訟を福井地裁に起こしたと報じる。農協法改正などで14年度以降、地方のJAの監査はJA全中が行っており、JA全中が地方のJAから訴えられたのは2例目で、組合員代表訴訟は初めてとか。訴状などによると、JAテラル越前下庄支所の元次長=電子計算機使用詐欺罪で有罪確定=が11~17年、支所の端末を操作し、組合員の元会社役員に多額の不正融資を繰り返したが、不正融資に使われたJAテラル越前の手形貸し付け額が11年度末で7億4200万円だったところ、14年度末には21億7900万円に急増しており、JA全中が14年度末の監査の際にこの増加について適切な分析をしなかったため、15年度以降、不正融資額がさらに約7億3800万円増えたとしているとのこと。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる