政務調査費で監査委員が監査請求を相当とした例

 読売サイト東京ページが2月4日に掲出した「政調費129万円不当利得 監査委員認定渋谷区議会6会派」は、渋谷区議らが政務調査費を不適切に使用したとして、渋谷オンブズマンが区議らに返還を求めた住民監査請求で、同区監査委員が、監査請求の対象だった1211万円のうち129万6491円を不当利得と認め、区議の自主返還分を除いた82万9535円を返還させるよう桑原敏武区長に勧告したと報じる。勧告は1月30日付けとか。不当利得と認定されたのは、6会派の19年度の使用分で、勧告では、新島に観光資源の視察に訪れたとして3万円を支出したが、ネットの本人のブログから、トライアスロン大会に選手として出場していたことが発覚した区議もいたとか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる