FC2ブログ

仙台市議会がタクシーチケットで市長を追及

 河北新報は12月10日に「説明責任果たしていない タクシー券問題で議会」を掲出。
 記事は、仙台市の梅原克彦市長が行き先を記入せず多額のタクシーチケットを使うなどしていた問題で、代表質疑が始まった9日の仙台市議会12月定例会が、この問題での市長の姿勢を追及する場となり、記者会見で「チケットを第三者に渡していない」と虚偽の説明をしていたことも発覚し、議員は「二転三転する発言に不信感ばかりが募る」と迫り、梅原市長は「おわび」を繰り返したと報じる。代表質疑に臨んだのは最大会派「改革ネット・自民」と「民主クラブ仙台」「きぼう」の3会派で、いずれも梅原市長のタクシーチケット問題を取り上げたとのこと。このうち民主クラブ仙台の議員は「職員や監査委員から改善を促されたのに、市長は不適正な使用を改めなかった。職員に範を示すべき立場ではないのか」と指摘したとか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
参考リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる