雇用協会への業務委託費で不正経理

 読売は10月29日に「全都道府県の雇用協会、裏金2億円超…飲食に流用も」を配信。
 記事は、独立行政法人「高齢・障害者雇用支援機構」(東京都港区)が昨年度までの8年間に傘下の29県の雇用協会に支払った業務委託費について、会計検査院が調べたところ、飲食への流用やカラ出張など計約1億1000万円の不正が判明したと報じる。検査院は昨年度の調査でも他の18都道府県の協会で計約1億1000万円の不正を指摘しており、47都道府県すべてで総額約2億2000万円の不正が確認されたことになるとか。業務委託費は、厚生労働省が同機構に拠出する交付金が主な原資で、検査院は厚労省と同機構に是正を求めると記事は伝える。厚労省は同機構へ毎年度、約500億円を支出しており、約70億円が「業務委託費」として都道府県ごとの雇用協会に分配されていて、委託費は主に事務費のほか、高齢者・障害者雇用に向けた相談会や講習会の開催に使われるとのこと。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる