内部職員が気付いて横領が発覚

 朝日は10月13日に「国立2病院で7千万円不明 職員が着服やデータ改ざん」を掲出。
 記事は、独立行政法人国立病院機構沼田病院(群馬県沼田市)と国立がんセンター中央病院(東京都中央区)で、患者から診察代などとして受け取った多額の現金がなくなっていたことが会計検査院の調べでわかったと報じるが、沼田病院では、窓口で会計事務を担当していた50代の女性職員が患者から受け取った現金の一部を不正に取得していたもので、コンピューター管理している領収履歴の一覧データから不正取得分の記録を削除し、データ上の残高と現金残高が一致するように装っていたところ、病院の説明によると、昨年12月に別の職員が履歴が削除されていることに気付いたものとか。一方、がんセンター中央病院のケースは、窓口で患者に交付した領収書の合計金額に比べて実際の現金残高が少ないことがわかったというもので、検査院やセンターによると、現金の収納事務を担当していた複数の職員が、領収書の交付内容を記録している会計システム上の残高に比べて実際の現金残高が少ない場合、現金残高に合わせてシステムの記録を改ざんしたことを認めているとのこと。検査院は、機構とセンターに対し窓口の現金収納事務やデータ管理のあり方などに問題があったと指摘したと記事は伝える。センターの会計担当者は「領収書の合計金額と現金残高が合わないことは日々の事務でよくあること。現在調査中のため詳細は答えられない」と話しているとか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる