金融相はコンバージェンスが最重要課題と発言

 ロイターサイトは9月5日に「2011年以降の国際会計基準導入、議論の観点で今後出る=金融担当相」を掲出。
 記事は、茂木敏充金融担当相が5日の閣議後の記者会見で、2011年6月末以降に国際会計基準を日本企業に導入する考えについて、「今後の議論の観点としてそういう問題も出てくる」との認識を示しつつ、その一方で、「コンバージェンス(共通化)を最重要課題として進めていく方針は変わっていない」と述べたと報じる。日本は現在、国際会計基準と2011年6月末までに共通化することを目指し、日本の会計基準を設定する企業会計基準委員会(ASBJ)が、国際会計基準審議会(IASB)とともに、両者の会計の違いを埋めていく「コンバージェンス」の手法を進めていて、金融担当相は、国際会計基準をめぐる日本での論点として、1)国際会計基準に基づく財務報告が適切かどうかの検証、2)国際会計基準委員会財団のガバナンス改革、3)国内の投資家、会計士の教育・研修、4)諸外国やプロ向け市場での国際会計基準の運用状況、について指摘しており、「こうした問題をきちんと詰めていく必要がある」との認識を示したとか。日本経団連、日本公認会計士協会、金融庁などが企業会計の国際化に対応するため、2011年度以降に国際会計基準を導入する検討に入ったとの報道については「新聞報道があったのは知っているが、今の基本的な方針は変わっていない」と語ったとのこと。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる