神奈川県雇用開発協会への委託費の目的外支出

 毎日jp神奈川ページは8月8日に「県雇用開発協会:1300万円を目的外支出--会計検査院指摘 /神奈川」〔五味香織〕を掲出。
 記事は、財団法人「県雇用開発協会」(横浜市中区、前田次啓理事長)の14~18年度の事業費のうち、飲食費などに充てた委託費約1300万円について、会計検査院が目的外支出と指摘していることが分かったと報じる。独立行政法人「高齢・障害者雇用支援機構」(東京都港区)からの委託費で、協会の当時の役員らが今年中に返還すると記事は伝える。同協会は昭和54年に高齢者や障害者の雇用促進を目的に県などの出資で設立された団体で、年間収入は約3億6000万円、その内訳は、同機構の委託費3億円、県などの委託費3000万円、賛助会員の県内企業約2000社の会費3000万円、となっていて、目的外支出とされたのは、委託費から支出した会員の会合費や会員企業が参加した催しの後の懇親会費などとのこと。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる