FC2ブログ

滋賀県監査委員の選出議案が否決

 京都新聞サイトは6月21日に「共産監査委を見送り 滋賀県議会、自民系など3会派反対」を掲出。
 記事は、滋賀県議会6月定例会の21日の最終本会議で、空席だった県監査委員2人のうち1人に共産党県議を充てる議案に自民党系など3会派が反対し、同意が見送られたと報じる。監査委員の選任議案が認められなかったのは初めてで、4月の県議選で各会派の勢力が拮抗状態となったのを象徴する結果となったと記事は伝える。共産党県議団の森茂樹県議の選任同意には、自民党・湖翔クラブの吉田清一県議が反対討論に立ち、「補正予算案に反対する共産党県議を推薦するよう嘉田由紀子知事に進言した議長の判断は、理解に苦しむ」と指摘し、各会派の同意を得ないまま森県議を推薦した出原逸三議長を批判したとのこと。また、5月の臨時議会で、民主党・県民ネットワークと共産党県議団など3会派が、議長選出に際して連携したことについて「その見返りが監査委員ポストの提供であるなら、数の論理で何でもできるという議会運営の私物化だ」と述べたとか。これに対して、共産党県議団の西川仁県議は賛成討論で「補正予算に反対したからというのは、(選任に反対する)根拠にならない」と反論したが、採決の結果、賛成少数で同意されなかったとの由。もう1人の青木愛子県議(民主党・県民ネットワーク)の選任は、全員一致で同意されたとか。この後、残る1人をめぐって各会派の調整が難航し、議会運営委員会で自民党・湖翔クラブが、嘉田知事が速やかに決めるよう出原議長に要請したことを理由に「知事の要請を重く受け止めるべき」と主張したため、深夜まで協議を続け、会期の1日延長を決めたとか。監査委員の選出をめぐっては、5月の臨時議会でも自民党・湖翔クラブが共産党県議の選任に反発し、会期を1日延長したが決まらなかったとか。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
参考リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる