FC2ブログ

みすずの監査先にあずさ移籍を希望する動き

 3月6日付け日経金融新聞5面に「新日鉄など、あずさ移籍働きかけ――みすず会計士に、一部で調整難航」の記事。
 記事は、事実上の解体を決めたみすず監査法人の会計士移籍問題で、新日本製鉄など一部の監査先企業が、担当の監査チームに共同監査先のあずさ監査法人へ移籍するよう水面下で働きかけているものの、監査チームの大半は新日本監査法人への移籍を希望しており、監査先企業との調整が一部で難航していると報じる。企業が担当会計士の移籍先を指定したり、逆に会計士が監査先企業を連れて移籍したりすれば、企業と会計士の癒着を疑われかねず、日本公認会計士協会は「企業も会計士も慎重な対応をお願いしたい」(増田宏一副会長)と呼びかけると記事は伝える。みすずが監査を請け負う上場顧客企業数は約6百社で、このうち、あずさ監査法人との共同監査先は20社前後、新日本監査法人とは十社弱あり、上場企業の大半は担当会計士の移籍に伴って新日本へ移る公算が大きいものの、あずさとの共同監査となっている一部企業はコスト負担の問題などからあずさ単独の監査に切り替えたい考えで、会計士に対してあずさへ移籍するよう要望しているようだが、みすずの経営陣は移籍先について原則として会計士の希望を尊重する考えとのこと。このため結果的に監査チームと企業が別々の監査法人に移る可能性もあり、こうした余波で来期以降、監査の引受先が見つからない上場企業が発生する可能性もあると記事は脅かすが……。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

reticent_auditor

  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる