スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

包括外部監査の評価

 朝日は8月28日に「外部監査「最優秀」に青森・岡山県 市民オンブズマン」を掲出。
 記事は、全国市民オンブズマン連絡会議が27日、自治体の予算執行を公認会計士らが点検する「包括外部監査」が有効に機能しているかを評価した恒例の「通信簿」を発表し、最優秀のオンブズマン大賞に青森、岡山両県を選んだと報じる。青森については、教育委員会が他会計のカネを流用して未納授業料の穴埋めをしているなど制度面の問題を指摘したことを授賞理由に挙げており、岡山については、指定管理者制度の対象施設の運営について点検する仕組みを確立し、「全国のモデルケースとなる」と高く評価したとのこと。一方で「報告書の半分近くが既存資料による事業説明で、外部監査人の多額の報酬を考えると極めて不十分」(神奈川県)など、内容が水準に達していない15自治体に「改善要望」を出したとか。通信簿は11年度分から始まっていて、今回の19年度分で9回目となっており、都道府県、指定市、中核市を中心に113自治体の監査報告書を対象としたとのこと。担当した全国市民オンブズマン連絡会議の弁護士(大阪市)は「良い監査が出ても行政側が反映させなければ意味が無いが、反応は鈍い。行政にこそ改善要望を求めたい」と話しているとか。記事は、主な結果つして次のとおりと伝えている。
 【優秀賞】青森(大賞)、岡山(大賞)、京都、広島、徳島、愛媛の各府県、堺市
 【改善要望】栃木、神奈川、岐阜、静岡、滋賀、鳥取、大分の各県、千葉、京都、大阪、神戸、福岡、函館、福山、高松の各市

公表資料:包括外部監査の通信簿
スポンサーサイト

最初の義務的四半期決算開示

 朝日は8月19日に「決算、前年比の表記混乱 4~6月期、会計基準一部変更」を掲出。
 記事は、上場企業の四半期決算開示が金融商品取引法で義務づけられて最初の発表シーズンとなる08年度第1四半期(4~6月)決算について、売上高や利益の前年比較の書き方が会社によってばらつくなど、投資家にわかりにくい面も出たと報じる。各企業の「決算短信」の1ページ目に「経営成績」の表があり、売上高や利益の前年同期比の欄があって、本来は増減率が載るが、この4~6月期は、すべて比較できないことを示す「-」になっているとのこと。これは、短信の様式の基準をつくった東証がそう求めたからで、東証は以前から、自主的な四半期決算開示を求めていたが、今回の義務化に合わせて会計基準の一部が変更されたため、単純比較が難しくなったとして、08年度四半期決算では、表に前年同期比を載せないよう求めたとの由。東証は、短信の2ページ以降で前年比較を説明するのを認め、「単純比較できないことを注記するよう求めた」(上場部)というが、実際には徹底せず、注記なしに前年比を載せた会社も多いとか。「投資家からの苦情は今のところない」(同)というが、各社に改めて注意を促す方針と記事は伝える。

政府機関の海外保有資産に対する検査を強化

 MSN産経ニュースは8月21日に「海外国有資産の検査強化 中国」〔共同〕を掲出。

続きを読む

政権交代で議会で個人攻撃されるタイの院長

 バンコク週報は8月21日に「下院、会計検査院長を個人攻撃」を掲出。

続きを読む

職員の処分が甘いことを指摘

 朝鮮日報の日本語サイトは8月19日に「韓国の公共機関、「大甘監査」の実態 わいろを受け取っても「訓戒」」〔任敏赫(イム・ミンヒョク)記者〕を掲出。

続きを読む

ゴーイング・コンサーン注記が増加している

 データマックス・サイトは8月11日に「経営継続に疑義がついた上場企業 08年3月期決算は過去最多の108社 | 東京レポート」〔特別取材〕を掲出。
 記事は、08年3月期(および9月中間期)の決算書に、ゴーイング・コンサーンに関するリスク情報を記載した上場企業(東京証券取引所、大阪証券取引所、ジャスダック証券取引所)が、07年3月期に比べて31社増えて108社となり、開示制度が始まった03年3月期以来最高を記録したとして、経営の継続性について、重大なリスクがあると開示された「危ない会社」が100社を超えたと報じる。記事は、リスク開示企業の大幅な増加は、監査法人が監査を厳格化していることが背景にあり、なかでも東証マザーズ、大証ヘラクレスの新興企業市場で急増したのが大きな特徴と伝える。東証マザーズが13社、大証ヘラクレスが11社、うち17社が情報通信関連のIT企業で、これは両新興市場に上場している3月決算企業の12%を占めているとか。新興市場を除いた東証と大証の1、2部、ジャスダックでGCがついた企業の割合は3%強で、新興企業はその4倍の発生率となり、新興企業の底の浅さが表れた格好と記事は評する。監査法人が目を付けたのは、「営業損失」や「赤字」の拡大で、公共事業の減少や原材料価格の高騰に苦しむ建設業界では、11社がリスク情報を開示しており、中堅ゼネコンの飛島建設は、海外・国内とも不採算工事が発生し、08年3月期には108億円の最終赤字を計上し、7期連続で当期損失を計上したため、5期ぶりに注記がついたとのこと。日本での販売権を持つ英スピード社製水着で一躍脚光を浴びたゴールドウィンは、2期連続の営業損失、秋葉原の家電量販店ラオックスは、減収に歯止めがかからず連続赤字、洋菓子の不二家も赤字で、原材料価格の高騰も影を落としており、ローマイヤと相模ハムは食肉価格の高騰、北日本紡績は素材価格の高騰などから営業赤字に陥ったとか。銀行が融資の際の条件としている「財務制限条項」もGCの要因になり、ぴあは純資産の金額が前年度の75%を下回り、制限事項に抵触したとのこと。プレハブ住宅中堅のエス・バイ・エルや焼肉チェーン大手の安楽亭は、借入金の制限事項に抵触してGCの注記がついたとか。

神奈川県雇用開発協会への委託費の目的外支出

 毎日jp神奈川ページは8月8日に「県雇用開発協会:1300万円を目的外支出--会計検査院指摘 /神奈川」〔五味香織〕を掲出。
 記事は、財団法人「県雇用開発協会」(横浜市中区、前田次啓理事長)の14~18年度の事業費のうち、飲食費などに充てた委託費約1300万円について、会計検査院が目的外支出と指摘していることが分かったと報じる。独立行政法人「高齢・障害者雇用支援機構」(東京都港区)からの委託費で、協会の当時の役員らが今年中に返還すると記事は伝える。同協会は昭和54年に高齢者や障害者の雇用促進を目的に県などの出資で設立された団体で、年間収入は約3億6000万円、その内訳は、同機構の委託費3億円、県などの委託費3000万円、賛助会員の県内企業約2000社の会費3000万円、となっていて、目的外支出とされたのは、委託費から支出した会員の会合費や会員企業が参加した催しの後の懇親会費などとのこと。

職員OB監査委員は例外的にしたい総務省

 信濃毎日新聞は8月14日に「県内18市町村が職員OBを監査委員に登用」を掲出。
 記事は、監査の客観性を保つため、総務省が原則登用しないよう求めている地元自治体職員OBの監査委員がいる市町村が、長野県内の2割余に当たる18あることが信濃毎日新聞の調べで分かったと報じる。また、全体の約7割の58市町村は、監査委員事務局の職員が1人か2人だったとか。自治体の監査をめぐっては、18年に財政破たんした北海道夕張市で、違法な会計操作を職員OBの監査委員が黙認していたことが発覚。「身内監査」と批判されたのを受け、総務省は同年、職員OBの監査委員選任は「特にその必要がある場合以外は行わない」とする指針を出しているとのこと。長野県内市町村の監査委員事務局に今月1日時点で取材したところ、職員OBを起用しているのは長野、岡谷、小諸、佐久、千曲の5市と、木曽郡木曽町、南佐久郡川上村など13町村で、総務省が19年4月時点で行った全国調査では17市町村だったが1団体増えているとか。県内市町村の監査委員定数の合計172に占める割合は10・5%となったとのこと。18市町村のうち長野市、岡谷市を除く16市町村は、監査委員の定数が2で、職員OBのほかの1人は、地方自治法の規定で議会から選出されており、長野市は定数4、岡谷市は同3で、OBと議員のほかに、長野市は会社役員、岡谷市は税理士を選んでいるとか。事務局の職員数は、25市町村が1人、33市町村が2人で、ほとんどが議会や選挙管理委員会などの事務局を兼任しているとのこと。一方、長野県は、松本地方事務所長などを務めた県職OBが、19年2月から代表監査委員に就いているとか。

適正意見でストップ高

 日経は7月31日に「<マザーズ>オーエイチテが買い気配――監査法人が適正意見で」〔NQN〕を掲出。
 記事は、マザーズに上場しているオーエイチテの株価について、10時25分時点で気配値を値幅制限の上限(ストップ高)となる前日比2000円高の1万6680円まで切り上げ、同水準で1400株程度の買い越しになっていると報じる。30日に、金融商品取引法に基づく有価証券報告書の財務諸表について、監査法人の創研合同監査法人から適正意見が付いた監査報告書を受領したと発表したことが手掛かりとなっており、市場では「いったんは資金繰りに対する不安がやや後退した格好だが、先行き不透明感は残ると記事は伝える。現状は短期的な値幅取りの売買にとどまる可能性は高い」(国内準大手証券情報担当者)との声が聞かれたとか。

裏金づくりの罰則新設へ

 公明党サイトは7月30日に「裏金づくりの罰則新設 与党 臨時国会に法案提出へ」を掲出。
 記事は、与党政策責任者会議が29日、衆院第1議員会館で開かれ、国の会計経理における不当事項の是正や、職員の不正の防止を図るための議員立法について、法案化作業に着手することを了承したと報じる。同法案は、与党会計検査院に関するプロジェクトチームが税金のムダ遣いを防ぐために会計検査院の機能・権限の強化や不正を行った公務員への罰則強化をめざし取り組んできたもので、(1)会計検査院が指摘した不当事項の是正状況を検査する仕組みの整備、(2)「裏金づくり」への罰則の新設、(3)予算執行職員への懲戒処分要求制度の強化、が柱で、次の臨時国会での法案提出をめざすとのこと。
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
監査関係ブログ
【】内はカテゴリー ↓トップはライブドアニュース
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール
  • Author:reticent_auditor
  • 寡黙な監査人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。